FUJIFILM PROJECTOR X 高性能「FUJINONレンズ」を搭載した画期的なプロジェクター

PROMOTION MOVIE

製品特長1

レンズの回転だけで、さまざまな方向に投写が可能

世界初*1屈曲型二軸回転機構レンズを採用。本体を動かさずにレンズを上・下・前・後・左・右に切り替え、さまざまな方向へ投写することが可能です。壁やスクリーンのみならず、天井や床にも投写ができます。レンズの回転だけで、縦長映像を投写するポートレート投写も簡単に行えます。投写シミュレーターも近日公開予定です。

FP-Z5000 投写シミュレーター ‣NEW

画面上のプロジェクター位置指定や数値入力で、プロジェクターの
投写距離やスクリーンサイズを計算することができます。
レンズシフトや二軸レンズ回転、縦・横投写、床・天吊設置等、
FP-Z5000の投写をシミュレーションする事が可能です。

製品特長2

超短焦点プロジェクターでクラス最大*1の広いレンズシフト範囲

大口径非球面レンズを活かし、クラス最大となるレンズシフト機能を実現。上下82%・左右35%の広いシフト範囲で投写画像の位置を調整することができます(16:9 横投写時)。投写方向ごとに、レンズシフト位置を22種類の設置パターン全てでメモリする機能を搭載しています。

75cm*2至近距離から100インチの投写が可能
投写比TR*3 0.34の超短焦点レンズを搭載し、至近距離から最大300インチまでの投写ができます。プロジェクターと投写面のスペースを削減できるため、展示スペースを最大限に活用した施工ができます。

*1:2019年2月13日現在、当社調べ。
*2:レンズから透写面までの距離。*3 「TR(Throw Ratio スローレシオ )」は投写距離 / スクリーン横サイズを表した値です。

超短焦点レンズで最も広いレンズシフト範囲

光学ズーム x1.1/縦方向時にも対応/画面の歪みを抑制

FUJINON屈曲方式(屈曲式2回折り曲げ)

拡大投写をするためにスクリーンからプロジェクターの
設置位置を遠ざけても、画面が上方に移動しない

従来のミラー方式(凹面or凸面ミラーx1枚)

拡大投写をするためにスクリーンからプロジェクターの
設置位置を遠ざけると、画面が上方に移動してしまう

製品特長3

縦置きと横置きに対応、レンズ収納時はフラットに収まる小型ボディ

縦置きと横置きの両方に対応しているため、利用環境に合わせた設置を選択できます *4。本体サイズは厚さ108mmの小型ボディを実現し、収納時はレンズがプロジェクター本体に収まるフラットデザインを実現しています。

*4 縦置き時は付属のスタンドを本機に取り付けてご使用ください。

ホワイトモデル 今夏発売予定

pagetop