光学800mmレンズ搭載 遠望監視カメラ FUJIFILM SX800

製品情報

望遠撮影

光学40倍ズーム

広角20mmから望遠800mmまでの幅広い焦点距離をカバーした光学40倍ズームレンズを搭載しています。1.25倍のデジタルズームも備えており、焦点距離1000mm相当の遠望監視撮影が可能です。

Licensed by TOKYO TOWER

20mm 800mm

Licensed by TOKYO TOWER

高性能新防振システム

新防振システム

光学式防振(OIS)と電子式防振(EIS)を兼ね備え、設置場所の風や足場の揺れによって発生する映像のブレを撮影環境に合わせ的確に補正します。超望遠撮影時には、わずかな揺れでも映像のブレ影響を受けるため、これらのシステムが特に効果を発揮します。

新防振システム

防振無し 防振有り

Licensed by TOKYO TOWER

高性能EIS

EIS撮影時では、レンズの有効口径に対し、十分なセンサーサイズを確保することでFull HD(1920x1080)本来の解像度を確保し、高品質な映像撮影が可能です。また、OISと併用することで防振システムの耐久性能が大幅に向上します。

Full HD(1920×1080)

撮影範囲

高性能EIS

一般的なセンサー SX800センサー

新デバイス搭載

高精度ジャイロセンサーを搭載し、従来では検出することができなかった微小な振動も正確に検出できます。新開発の高推力リニアモーターを備え、高精度かつ高い追従性を実現しています。

新セラミックボール・ローラー方式

OISシステムに独自の「セラミックボールローラー方式」を採用。超精密加工を施したセラミックボールは摩擦抵抗を極限まで低減し、防振作動時に高い応答性と優れた耐久性を実現します。

新セラミックボール・ローラー方式

高速AFシステム

像面位相差AF

「像面位相差AF」は、センサー上に位相差画素を搭載し、入射する光のズレ量に応じて瞬時に距離測定ができます。画像のコントラスト差を高精度に検出する「コントラストAF」方式と組み合わせることで最適なAF設定に自動で切り替わります。

像面位相差AF

  • 1.マイクロレンズ
  • 2.カラーフィルター
  • 3.位相差フィルター
  • 4.位相差画素
  • 5.フォトダイオード

リアフォーカス方式

「リアフォーカス方式」を採用することで、フォーカス群の大幅な軽量化を図っています。これによりフォーカス駆動スピードが飛躍的に高速化され、「コンティニュアスAF」を実現しています。フォーカス設定は、使用環境に合わせ「コンティニュアスAF」、「クイックAF」、「MF」のフォーカス操作が選択できます。

画像処理テクノロジー

低照度

高感度センサーと高いノイズリダクション効果により、低照度の撮影環境でもノイズが少ない鮮明な映像を撮影することができます。

低照度

ISO 400 ISO 204800

霞補正

空気中に浮かんだ水滴や塵など靄(もや)が掛かったような映像を、独自の画像技術により見やすく鮮やかに補正します。

霞補正

霞軽減OFF 霞軽減ON

陽炎補正

空気中の温度差で発生する陽炎による被写体の「揺らぎ」を、独自の画像処理技術によって低減し、映像全体を見やすく補正します。

簡易セッティング

レンズ一体型

従来システムでは、カメラにレンズを装着する際、光軸調整やフランジバック調整が必要です。レンズ一体型カメラシステムは、工場出荷時に、それぞれの性能が最大限に発揮される最適な調整がされています。また複雑なケーブル接続が不要になり、設置時の作業工数が大幅に削減できます。

レンズ一体型

堅牢性

高剛性・可搬性に優れた新デザイン

アルミの押し出し成型により、高い剛性と優れた堅牢性を実現。本体天面部にあるネジ穴を使用して、持ち運びに便利なキャリングハンドルを装着することができます。※キャリングハンドルは、富士フイルムで販売しておりません。

高剛性・可搬性に優れた新デザイン

製品カタログ(PDF)

SX800の特長、利用シーン、スペック情報を掲載したカタログをダウンロードできます。

ダウンロード ▶︎

関連製品

  • 長焦点ズームレンズ

    焦点距離320~2000mmまで対応する長距離望遠専用高画質電動ズームレンズです。

    詳しく見る

    長焦点ズームレンズ

  • バリフォーカルレンズ

    さまざまな監視用途に威力を発揮する高画質レンズです。

    詳しく見る

    バリフォーカルレンズ

pagetop